偽薬による健康被害

ビールを飲んでいる肥満男性

現在、実に多くのジェネリック薬品が個人輸入などで販売されていますが、中には有効成分を含まない偽薬も販売され、価格の安さから偽薬を購入てしまう被害も報告されていますし、偽薬による健康被害も少なからずあるのが現状です。
偽薬の購入に踏みきってしまう理由には薬事法にも関係があり、処方箋医薬品の場合、医師の診察を求められることが前提となります。
治療が必要と判断された場合に服用できる医薬品なので、個人の判断では購入ができないデメリットがあります。
なので、診察を拒みたいED障害などの際には利用しにくく、さらに治療薬も高額になることもあり、こうした理由からもジェネリック薬品を求める方が増えています。
医師による診断が必要なく、個人が使用する目的であればネットを使い処方箋要らずで手軽に手に入り、効果も同等に得ることができます。

ジェネリック薬品は低価格がウリですが、やはり偽薬も同じように低価格で提供されています。
とくに被害が多いのがED治療薬で、男性器の働きをサポートする薬となっていて、未認可の違法のED治療薬が出回っていることも世界のメディアで報道されています。

国内では、近年薬品メーカーから正規品ED治療薬のジェネリック版が発売開始されることが決まり、個人輸入に頼っていた人も国内の医療機関で処方を受け、健康被害なく治療を行うことができます。

サイト内検索
人気記事一覧