• ホーム
  • 個人輸入代行に蔓延する偽薬

個人輸入代行に蔓延する偽薬

TVを見てファストフードを食べる男性

医薬品の個人輸入には多くの規制がありますが、厚生労働省によって認められており法律的には合法なものです。
しかし規制を潜り抜けている現状があることは事実であり、個人輸入代行に蔓延する偽造薬が問題になっています。

例えばED治療薬として知られているレトビラについて次のような調査がありました。
個人輸入されたレトビラに関して薬の化学成分を分析したところ、約6割が偽造薬であったとの報告があります。
正規品として流通しているにもかかわらず、その実態がこの有様ということは大変問題のあることです。
これにはやはりインターネットの普及が大きく関係していることが考えられます。

特にこのようなタイプの薬の場合、クリニックに行き処方してもらうことは、恥ずかしさや面倒くさいなどの理由から敬遠されがちです。
ですから通常のネットショッピングと同様に、クリック一つで簡単に手に入れることができる方法を利用するのです。
しかしこのような現状があることは事実ですから、個人輸入による薬の購入には細心の注意を払う必要があります。
場合によっては重篤な副作用を引き起こす可能性もあるため、クリニックなどで正規品を処方してもらうことが、一番安全な方法といえるでしょう。

サイト内検索
人気記事一覧
最近の投稿