中国産の医薬品問題

寂しいぽっちゃり男性

中国産の医薬品問題にはまず、中国が過去3年から5年間で大きな投資をして、医療のインフラを整備しました。
それに多額の投資で臨床研究の専門家に教育訓練を行うことで、グローバル標準を満たす臨床試験の実施を可能にしたことにより中国産の医薬品が急増した原因であります。
このために中国は13億人の人が多様な臨床状態にあり多くの適応性の検討が可能になりました。
また、もう一つに、中国の政府が臨床研究や新薬の発売を現在、積極的に奨励しています。
そのために、中国には非常に多くの製薬会社が進出して医薬品の開発を行っています。

最大の問題は中国の規制当局の対応です。
ほとんどの大規模臨床試験では申請の審査と承認に要する時間がかなりかかります。
現在は中国の薬は申請と承認に8ヶ月から20ヶ月もかかるとされています。
中国産の医薬品の臨床試験やプロトコールは西洋の医療のインフラや医療行為を念頭において作成されています。
これらを二重、三重にチェックして、中国で適法とされる医療行為にも適合しているかの確認をする必要があり、優秀な人材も必要になってきています。
グローバルレベルでの臨床試験を実施できるような教育訓練を受けている人材が、まだまだ少ないのが中国産の医薬品問題にさまざまな事が起きて来ているのが現状です。

サイト内検索
人気記事一覧